東京リビングストーン教会FAQ(良くある質問)~総合的ミニストリー~

質問:リビングストーン教会の目指す総合的ミニストリーとは何ですか?

答え:総合的な教会の働きのバランスのことです。

教会については聖書には沢山の例えがあります。

  1. あるものは互いの新しいつながり、選ばれた民、聖なる国家(一ペテロ2:9)、家族(一テモテ)、キリストの体(一コリント12:12-27)などです。
  2. あるものは神の御前へのアクセス:キリストの花嫁(エフェソ5:32)、王である祭司(一ペテロ2:9)、神の聖霊の生きた宮(一ペテロ2:4-8)
  3. あるものはどのようにして神はこの世で働かれるか:収穫の畑(一コリント3:6-9)、神の収穫(マタイ13章)、オリーブの木(ローマ11:17-24)、ブドウの枝(ヨハネ15章)などです。

4つの働きの最前線

聖書の例えはすべて、各コミュニティーに教会と呼ばれるものがあるように求めている。それは、

  1. 人々を神につなげる(福音伝道と礼拝を通して)
  2. 人々と互いにつなげる(コミュニティーと弟子訓練を通して)
  3. 人々を都市の必要につなげる(憐れみと正義の働きを通して)
  4. 人々を文化につなげる(信仰と仕事の統合)

私達は以下の理由で、これらの働きをすべて行う。

  • これこそが、教会にとって聖書の例えの全領域で神を讃える方法である。
  • これらの働きはすべて福音が求めるものである。
  • 私たちがこれらの働きを総合的にするとき、どれもが効果的になるのである。

エドマンド・クラウニーは、これらのゴールはまさに唯一であると論じている。

教会の領域

アブラハム・カイパーは、制度的な教会と有機的教会の間の違いを述べている。

  • 制度的教会は、福音伝道や弟子訓練のために集められた、役員の元にあるローカルチャーチである。
  • 有機的教会は、多くの正式、非正式な連合体や団体としてつながったクリスチャン、またはただ個人として働き、世界中に分散している、クリスチャンの総称。

注意すべき違い

教会は伝道、礼拝、コミュニティー、弟子つくりを非常に直接的にやっている。それはある意味、執事的(正義と奉仕)の働きであり、コミュニティー形成の一部として、直接にやっているが、信者たちの弟子作りを通して、この世で正義や文化的刷新を大規模に行うことができる。

リビングストーン教会の紹介ページは以下の通りです。